[世界の絶景をめぐる旅(インド編)](ブッダの歩いた道)6年の苦行に耐えた場所、前正覚山のドンガシュリ洞窟寺院とスジャータ村 in ビハール州

  前正覚山とは?   出家したスィッダールタが悟りを得る前に、6年にもわたり苦行した場所。水とコケしか食べていなかったとか。。。結局骨と皮だけになっても悟りを得ることができなかったと言われてます。そ…

[世界の絶景をめぐる旅(インド編)] (ブッダの歩いた道) ブッダ教団の地 ラージギル(王舎城) in ビハール州

仏教の聖地、ラージギルに行ってきました!   ラージギルとは? 仏教八大聖地のひとつ。5つの山に囲まれた盆地で、古代ブッダの時代、マガダ国の首都、ラージャグリハ(漢訳は王舎城)があった場所で、出家したブッダが修…

[世界の絶景をめぐる旅(インド編)] (ブッダの歩いた道) 四大仏跡の一つ、初めて説法をした場所(初転法輪) サールナート in ウッタル プラデーシュ州

サールナートとは?   四大仏跡の一つ、仏教の聖地として有名なブッダ初転法輪(*しょてんぽうりん)の地です。シャカは悟りを開いた後、ブッダとなりこのサールナートにたどり着き、且つてともに修行していた5人の修行僧…

[世界の絶景をめぐる旅(インド編)] (1日目夜) ヒンズー教の聖地、ガンガー(ガンジス)川のほとりで生と死が共存する町 夜のワラーナシー(旧バナーラス) in ウッタル プラデーシュ州

ヒンズー教の聖地、日本人にも有名なガンジス川(以下、現地ではガンガーと呼ばれているので、このサイトでもガンガーと呼びます)のほとりで繁栄した町、ワラーナシ(英語名はベナリース、誤読で「ベナレス」)に行ってきました! &n…